(今ココ👉)仮想通貨で資産形成←マイル修行←海外口座開設←実家と車処分←断捨離

飛行機の上級会員になろう

 

SFC JGC修行とは、生涯に渡って飛行機移動時のストレスや無駄な時間を省くための最強のツールです。

 

今後、さまざまな理由から、移動の機会が増える時代が来ます。

本能で感じている人もいると思います。

 

海外旅行といえば、空港のカウンターで長い行列に並び搭乗手続きを済ませ、それが終わったと思ったら再び長い行列の手荷物検査に並び、出国審査を受ける。

搭乗時間まで免税店で時間を潰し、搭乗時間が来ると今度は搭乗口で並び・・・と飛行機に乗る前にグッタリ。

飛行機に乗れば、中央席で両隣に挟まれ、、、、なんていう窮屈な地獄がオマケでついてくることもあったり。

そういうストレスを生涯にわたってほぼ解消してくれるのがマイル修行です。
時間も読めるようになるのでフットワークが軽くなります。

世界には3つの飛行機のアライアンスがある

 

多くの航空会社は3つのアライアンスのうちのどれかに属していて、それぞれ一度「上級会員」になり、専用のクレジットカードを持ち続けていれば、生涯上級会員の身分を享受できます。

  • スターアライアンス(ANAなど)
  • ワンワールド(JALなど)
  • スカイチーム (デルタ航空など)

ちなみに私は3つのアライアンスすべての上級会員資格を持っています。

 

これは成田空港JALファーストクラスのラウンジで撮った写真です

上級会員になれば何が起こるか

  1. 空港のカウンターは上級会員専用のカウンターを使える。
    並ぶ時間が圧倒的に短くなる。
    無料で預けられる荷物も増える。
  2. 手荷物検査は上級会員専用のレーンがある。
    並ぶ時間が圧倒的に短くなる。
  3. 出国審査後から搭乗するまでは、上級会員専用のラウンジを使える。搭乗口近くのイスで時間つぶしする必要がない。無料の食事やアルコールで楽しいひと時を過ごせる。
  4. 搭乗は、上級会員が先に搭乗できる。エコノミークラスの長い列に並ぶ必要はない。荷物を置く場所を確保するにも便利。
  5. 機内では真ん中席になることは、ほぼあり得ない。上級会員はあらかじめ良席を選択できるようになっている。
  6. 航空会社によっては、エコノミークラスに座っても、上級会員にはビジネスクラス用のアメニティを用意してくれていることもある。
  7. 上位クラスに(エコノミークラスからビジネスクラスへなど)アップグレードしてくれる確率が高くなる。
  8. 荷物受け取り時も、上級会員の荷物が一般客より先に出てくる(国によってはテキトーだけど)

 

ちなみに出国審査は一般の人と同じなので、列があれば並びます。ただし自動ゲートに登録していれば並ばずに済みます(一般の人も同じ)

到着空港での入国審査も一般の人と同じです。
ただし香港では上級会員は自動化ゲートを使用できます(事前手続きが必要)

 

海外から帰国するときも同様で、搭乗手続き、保安検査、専用ラウンジ、搭乗時、荷物受け取りが優遇されます。

 

飛行機に乗る人にとって、上級会員資格を取らない理由がないです。
デメリットは、上級会員取得時のコスト(時間とお金)と、維持費(クレジットカード年会費)だけです。

 

私はJAL(ワンワールド)修行で貯まったマイルで、今度の年末年始のハワイ往復チケットを母と2人分購入しました。
年末年始の航空券はJALだとエコノミークラスでも最低でも1人30万円ほどかかるので、修行にかかった費用はこれだけでペイできたと思っています。

 

特典航空券を買う時にも、航空会社によっては上級会員には別枠があったり、予約開始日が早かったりすることもあります。

 

 

マイル修行で大きな費用がかかるのは、一生で一度限り。

その後は年に1〜2万円の維持費がかかるだけなので、思い切ってやっておくことをお勧めします。

 

マイル修行については、検索すれば参考になるサイトがたくさん出てきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です