(今ココ👉)仮想通貨で資産形成←マイル修行←海外口座開設←実家と車処分←断捨離

ハードウェアウォレットの24単語 保管方法

 

メモするのを忘れない

ハードウェアウォレットを購入すると、パスワードを登録したあとに、24個のパスフレーズをメモするように画面に出ます。

これをメモせずに利用してしまうと、ハードウェアウォレットを失くしてしまった時やハードウェアウォレット壊れてしまったときは、資産を失うことになります。
銀行に預けている資産は、通帳をなくしてもどうにかなりますが、ハードウェアウォレットの場合は取り戻しようがありません。

私は、この24個の単語の保管が肝だと思っています。

写メはダメ

写真に撮って保存することはお勧めしません。
写メを誰かに見られたり流出したりしてしまうと、簡単に資産を盗まれてしまいます。
自動的に写真がiCloudにアップされる設定をしている方も多いと思いますが、リスクが高くなります。

24個の単語さえわかれば、手元にあるハードウェアウォレットを使って誰でも仮想通貨を自分のものにしてしまうことができるからです。

今は単語が写った写真を見てもピンとくる人は少ないでしょうが、今後、ハードウェアウォレットが普及していくにつれ盗まれる確率は確実に上がります。

私の保管方法

私は、近所の銀行の貸金庫と、海外の銀行の貸金庫に、24個の単語を記載したUSBメモリを入れています。
その他に、自宅にある外付けHDD(NAS)と、Dropboxにも保管しています。
紙に書いた物を貸金庫に預けていると、何かあって開けられた時のリスクがあるため、紙では残していません。

自宅以外の場所に置いている理由は、火事や災害などのリスクを考慮して。
海外の貸金庫に置いている理由は、戦争など日本に戻れないときを考慮して。
本当は、ネット上(Dropbox)には置かない方が安全でしょうが、貸金庫の場所まで行けない場合を考えると仕方ないかなと思っています。
もちろんDropbox自体にもパスワードを設定しています。

USBに24単語を保存する方法

  • まず紙に24個の単語をメモする

写し間違えると復元できなくなるので、正確に番号と単語を書き写します。(厳密にいえば、復元時には単語を選択する方式になっているので、いざというときはスペルミスをしていても対処できる場合もあります)

  • 次にWordにファイルを2つ新規作成する

一つ目のファイルAに1~12番目の単語を書き写します。
二つ目のファイルBに13~24番目の単語を書き写します。

ファイルを2つに分けるのは、少しでもリスクを減らすためです。

 

  • もうひとつファイルを作る

もうひとつのファイル(仮名:最初に見るファイル)には、AとBのファイルを開くためのパスワードのヒントを書きます。
パスワードは、自分が絶対に忘れない事柄を選び、例のようにヒントを書きます。

例:Aのパスワードは、母の旧姓、卒業した小学校名、父の3番目の兄の名前を並べたもの
Bのパスワードは、初恋の人の名字、母の弟の妻の名前、ペットの名前を並べたもの

この場合、例えばAのパスワードは、3つのヒントを並べたもの(katokitaokataro)になり、Bのパスワードは、(daisukenanakopochi)になります。

 

  • ファイルAとBにパスワードを設定

先ほど作ったパスワードを、AとBのファイルに設定してデスクトップなど適当な場所に保存します。

名前を付けて保存→ツール▼を押す→全般オプションを選択

 

ここで読み取りパスワードと、書き込みパスワードを設定するよう求められるので、作ったパスワードを書きます。
私の場合、パスワードは読み取りも書き込みも同じものにしています。

これで3つのファイルができました。
「仮名:最初に見るファイル」には、パスワードを設定する必要はありません。

 

  • USBメモリに保存する

3つのファイル(A・B・最初に見るファイル)をUSBメモリに保存します。
リスクを少なくするためには、AとBのファイルは、パソコン内ではなくUSBメモリに直接保存した方が良いですが、上記説明のようにデスクトップ等に保存した場合は、USBメモリに保存したら削除し、必ずゴミ箱を空にしましょう。

USBメモリは、普通のものでも良いですが、USBそのものにパスワードを設定できるタイプのもの、例えば I-O DATA パスワードロック機能搭載USBメモリー USB 3.0/2.0対応 EU3-PW/8G (←私が使っているのはこれです)を使用することをお勧めします。
その場合は、USBメモリを挿入したときにパスワードが求められるようになります。
ヒントを書くことができるので、ファイルAとBのパスワード設定時と同じように、絶対に忘れない事柄をパスワードにしてヒントを残しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です