(今ココ👉)仮想通貨で資産形成←マイル修行←海外口座開設←実家と車処分←断捨離

Ledger Nano S ファームウェアのアップデート図解

アップデートは、失敗したらどうしようと緊張しませんか。

画像を交えて詳しく説明したいと思います。

 

Ledger Nano S の公式サイト

 

①まずはLedger Managerを開いて、Ledger Nano Sを接続します。

Ledger Managerがない場合ここからダウンロード

 

②パスワードを入れてLedger Managerにつながると、新しいファームウェアがある場合、下のようなお知らせが出ます。

③FIRMWARESをクリックします

④インストールをクリックします

⑤下のように❌が出た時は、Nano Sの容量が足りずに先に進めないので、APPLICATIONSをクリックして、何個かのウォレットを選択してゴミ箱に捨てる必要があります

ウォレットを捨てても、コインはなくならないので心配はいりません

下の写真のようにゴミ箱をクリックすると捨てられます

⑥先ほど行ったようにFIRMWARESをクリックしてインストールにすすみます

 

⑦Ledger Nano Sに下のようなお知らせが出たら、左側のボタンを押したままUSBを抜きます。

そして、左側のボタンを押したままUSBを再度挿入します。

⑧下のような文字が出たら左ボタンを離して、ひたすら待ちます

インストール中です

進行中

 

⑦アップグレードが成功したら、ウォレットはすべて消えているので、インストールし直します

⑧下の画面のように聞かれたときは、右をクリックする必要があります。

(操作を許可しますか?の意味です)

お疲れさまでした。

⑦の文字が出て、左をクリックしながらUSBを抜き差ししても、まったく先に進まない場合は、PCのメモリが足りないのかも知れません。

他のPCで試してみることをお勧めします。

 

私もノートパソコンで操作した時に失敗したので、デスクトップでやり直し、5台のLedger Nano Sのアップデートを終えました。

なお、このアップデートでは、24個のパスフレーズは必要ありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です